三ヶ日みかんの応援サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冬期みかんハダニの防除について

2009年度の初回農業作業として冬期みかんハダニの防除をする。昨年の暮れから乾燥気味な三ケ日町のみかん畑では一部段々畑の暖かい所のみかんの木に「ハダニ」の発生が見られ、多くの「ハダニ」が寄生した木は黄色く見える。その被害をそのままにしておくと、葉全体が白くなり落葉してしまい、みかんの木に多きなダメージを与える事になる。その回復は一年以上よりかかり、この次点での防除が大切である。

農薬は「マシン油」の100倍程をみかんの葉の裏に丁寧に散布する。「ハダニ」を油膜で窒息させるために、多めに散布する事が後々影響するのできちんと散布する。

今年は、表年の成り年なので、もしみかんの葉が「ハダニ」で食害されると大変な事になるので、今年は外せない初回防除になるだろう。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。