三ヶ日みかんの応援サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雨の日の三ケ日町は、、、

今日は、写真無しです。
雨が降り出して、みかん畑では撮影するのはやめました。

雨に濡れたみかんの木も綺麗な姿をしていて、栽培者も見ていて気持ちがいい。

で、みかんの栽培管理は、この時期あまりやる事がないかな。そう、特段にね。

梨の栽培に比べれば、みかんはのんびり長期栽培ですから。

今日から、東海地区も梅雨に入ったそうで、で、この雨を利用して「夏肥料」を散布しました。みかんの実は、これからが果実の肥大期に入りますので、此所から一気に肥料を食べさせるのです。

でも、開花の時にちゃんと実が実どまりしないと、この強気な施肥は出来ません。なぜなら、肥料のほとんどが枝葉に使われ、少ない果実も必要以上の栄養で、ゴッツイ果実になるだけですから。多くの果実をぶら下げている木は、いくら肥料を与えても、果実は綺麗なもんです。

これは、家庭果樹でも言えることですので、開花前の大量の施肥をやるのではなく、開花後の実どまりを確認してからやる事をおすすめします。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。